大正14年創業/京成立石駅から徒歩5分
アクセスはこちら
チャットワークでお問い合わせ
大正14年創業の信頼と実績

03-3691-6712

メールでのご相談はこちら

不動産鑑定士との違いとは | 井口工務所

不動産鑑定士とは

不動産鑑定士は、不動産の鑑定評価(不動産の利用価値や経済価値を把握し、それをお金にしたらいくらになるかを示すこと)を行い、適正価格を決定する仕事です。

「不動産の経済価値を決める」という重要な役割を担っており、住宅や店舗、オフィスなどありとあらゆる不動産を、経済や会計、税金などの知識を駆使しながら鑑定評価していきます。

なお、鑑定評価は不動産鑑定士のみが行える独占業務となっています。高度かつ幅広い専門知識が求められることから、不動産系の仕事のなかでも最高峰といわれる職業です。

土地家屋調査士とは

土地家屋調査士は、土地の測量および表示に関する登記を行う仕事です。

依頼者から依頼を受けたうえで、土地や建物の調査や測量を行い、不動産がどこにどのような形状で存在し、何に利用されているのかを明確にします。

他にも、不動産の表示に関する登記の申請手続きの代理業務、土地の境界に関する民事紛争が起こった際の解決の手続きの代理、依頼人からの相談への対応などにまで携わります。

不動産に関わる専門家のなかでも「測量と表題登記のプロフェッショナル」なのが土地家屋調査士です。

ご相談は当事務所にお任せください

  • お客様の声を大切にします
  • 実際にご依頼いただいたご相談をご紹介

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • ご相談から解決までの流れ
Contact

大正14年創業の信頼と実績!

PAGETOP