大正14年創業/京成立石駅から徒歩5分
アクセスはこちら
チャットワークでお問い合わせ
大正14年創業の信頼と実績

03-3691-6712

メールでのご相談はこちら

隣地の方から測量の立会を求められましたが、どうしたらいいですか? | 井口工務所

質問.

境界立会いについて境界トラブルが起きた場合、どのように行動すれば良いか教えてください。

回答.

私たちに境界確定測量のご依頼をいただいた後の流れを説明いたします。

① 境界トラブルになっている原因を探る

土地・境界トラブルの要因は、主に、「土地境界の認識相違・土地境界立会拒否」「消息不明」「相隣関係」などがあります。

土地境界の認識相違・土地境界立会拒否のトラブルそもそも土地境界の立ち会いに来てくれないなど
筆界特定制度やADR(和解・調停の制度)、訴訟に発展していく可能性もあるため注意が必要です。

消息不明のトラブル空き家が続いてつかまらないなど
職務上請求を使用し、ご家族やご兄弟を見つけます。

相隣関係のトラブルごみの出し方や騒音など
隣地の言い分を聞いて、土地や境界に関してどこに不満があるのかをヒアリングし、解決していきます。

② 隣地の方の言い訳を良く聞きましょう

境界の杭(隣地の方との境となる点)に、杭が埋まっていないかどうか。
現地のブロック塀などの構造物をしっかりと測量して押さえます。

③ 資料があるなら、出してもらいましょう

土地の境界を確認した際の資料があれば、証拠となりますので、すぐに提出するようにしましょう。

④ 事前に挨拶をしましょう

最も大切なことが事前に挨拶を行うことです。
隣地の方に挨拶をして、土地境界の立会に臨むことをオススメいたします。
当事務所では、挨拶する際に、マグネットを粗品としてお渡ししております。
このような心遣いもトラブルを防ぐ要因となりますので、ぜひご活用ください。

ご相談は当事務所にお任せください

  • お客様の声を大切にします
  • 実際にご依頼いただいたご相談をご紹介

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • ご相談から解決までの流れ
Contact

大正14年創業の信頼と実績!

PAGETOP